乾燥肌とニキビ

ニキビができてしまうような肌の状態には、いくつかのパターンがあります。どれもバリア機能が低下した時に引き起こされている事実を意識していかなければいけません。

ターンオーバー代表的なのが、乾燥肌です。肌のバリア機能は、外部からの刺激に耐えられるようにするだけではありません。肌のうるおいでもある水分が蒸発して失われないようにカバーしているのも、バリア機能のひとつです。乾燥肌になってしまうのも、バリア機能が失われているのが大きな原因となってくるでしょう。乾燥肌になると、細胞間をつなぐ力が失われ、毛穴が大きく開いてしまいます。ここに雑菌が入ってくれば、そのままニキビになるでしょう。ニキビが多発するような状況でもあり、ターンオーバーもくるっていきます。一度乾燥肌になると、なかなか抜け出せない原因です。

清潔な環境を作り出し、バリア機能を失わないように、十分な保湿をするとともに、蓋をするのも忘れてはいけません。皮脂は大事な要素になってくるため、取り除きしないようにして、乾燥を防がなければいけません。ついついニキビの原因だと思い、除去しすぎてしまうことも出てきます。逆効果になってしまうため、十分に意識してコントロールしていかなければいけないでしょう。


関連記事

  1. 大人ニキビのケア
  2. 敏感肌とニキビ
  3. 肌のバリア機能と洗顔