肌のバリア機能と洗顔

肌のバリア機能を取り戻し、正常な状態にしていくためには、さまざまなスキンケアをおこなっていかなければいけません。ニキビ対策ばかり目がいくと、根本的な部分に気が付かない場合も出てきます。

洗顔スキンケアの面では、皮脂は取り除きすぎないようにするのがニキビ対策としても重要です。バリア機能を失わないようにするためにも必要で、清潔にしたいあまり、1日何度も洗顔をしたりしますが、これは逆効果になってしまいます。乾燥を助長しますし、刺激も増やしてしまうため、できるだけゆっくりと洗いながらも、適度に皮脂を残せるよう強い刺激を与えないようにしましょう。こすって洗うような方法は、ニキビを増やしてしまいます。

化粧水もつけていくのが大切です。洗顔したままにすると、肌の水分は失われてしまい、バリア機能も低下していきます。ニキビもどんどんとできやすくなるため、低刺激の化粧水をつけてあげましょう。低刺激のクリームなどでふたをするのも大切です。保湿できる環境を作ることが肌のバリア機能を正常に働かせるポイントになりますので、洗顔後は素早くおこなっていくといいでしょう。一般的に5分といわれるのも、時間をかければその分だけ水分が失われるからです。


関連記事

  1. 大人ニキビのケア
  2. 乾燥肌とニキビ
  3. 敏感肌とニキビ